カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ  サイトマップ
RSS

 

コクヨ100年物語

コクヨ100年物語

コクヨの創業は、明治38年(1905年)。創業者黒田善太郎が、27才のとき和式帳簿の表紙店を開業したのが始まりです。「表紙店」とは、その名の通り、当時商店で一般的に使用されていた和式帳簿の表紙製造だけを問屋から請け負うという、かなりニッチな仕事でした。店の名前は『国誉』(コクヨ)と名づけました。創業者は、「人の役に立つことをしていれば、必ず受け入れられる」という信念をもって、事業に打ち込みます。創業3年目に着手した、帳簿本体と表紙を一貫生産するという下請けから製造元へと大きな一歩を踏み出すのです。その後伝票、仕切書、複写簿、便箋などの製造にも着手し、紙製品メーカーとしての形態を次第に整えていったのです。

関東大震災・日中戦争・太平洋戦争などさまざまな苦難の時代を乗り越えながら商品開発を進め、後にユニバーサルデザイン(「最大限、誰でも使いやすい設計・製品仕様」のことで、1990年にアメリカで故ロン・メイス博士が提唱したコンセプト。)がコクヨの商品開発における大きな柱となりました。

創業者の黒田善太郎いはく「今頃儲かる商売など残っているはずもない。いい商売なら、金をもっている人間、頭のいい人間がとうにやっているはず。残っているのはカス商売だけだ」。ところが、善太郎は「であれば、初めからそうと腹をくくれば、腹もたつまい。自分が惚れ込んだ仕事であれば、世の中にカスの商売などあろうはずもない」と考えたのです。コクヨの創業者は、ちょうど106年前、この決意をもって事業を起こし、そこから「面倒で厄介な仕事、人が敬遠する仕事を進んでやり遂げ、世の中の役に立つものを作っていこう」という、コクヨの思想が生まれ、世界的な文房具メーカーへと成長したのです。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント: